診療案内歯周内科・ホワイトニング

Periodontics歯周内科

一般的な歯周病治療の流れ
(保険治療)

Step01

初診

  • 口腔内写真撮影
  • パノラマレントゲン撮影
  • 歯周病検査(ポケットの測定・動揺度・出血の有無)
  • 位相差顕微鏡検査
Step02

スケーリング

  • 歯石取り(状態により2回から6回)
Step03

2回目歯周病検査

Step04

SRP もしくは PCur

  • 歯茎の深いところの歯石とり(状況により1回から6回)
Step05

メインテナンスへ

  • 必要ならば歯周外科手術
Step06

4回目歯周病検査

Step07

メインテナンスへ

美工デンタルオフィスの
歯周病治療

歯周病を薬で治す!

当医院では、患者さんへの負担を軽減させ、科学的検査に基づき歯周病菌を遺伝子レベルで検査を行い治療しております。

リアルタイムPCR検査の結果に基づきどの菌が多いかでお薬を選びます。

皆様の安全を第一に考え、安心して通っていただける医院を目指しております。

内科的歯周病治療の流れ(自由診療)

Step01

1回目

  • パノラマレントゲン撮影
  • 位相差顕微鏡検査
  • 口腔内写真撮影
  • リアルタイムPCR検査
  • お薬説明(ジスロマック)
  • カビ取り剤歯磨き説明(ハリゾン)
Step02

2回目

  • 歯周病検査
  • 位相差顕微鏡検査
  • 口腔内写真撮影
  • 上下の歯石取り

※場合によっては別の種類の抗生剤の追加

Step03

3回目

  • 位相差顕微鏡検査
  • PMTC(歯石取り、SRP含む)

※ジスロマック投与後10日以内に、状態により数回行います

Step04

4回目

  • 歯周病検査2回目
  • 位相差顕微鏡検査
  • 口腔内写真撮影
  • リアルタイムPCR検査2回目
Step05

メインテナンス

  • 顕微鏡検査
  • 歯石取り
  • PMTC
  • 生活指導
  • フッ素塗布など

歯周病菌のDNA検査は
3回行うことをお勧めします。

1回目 初診時の菌の状態を見る(治療前)

2回目 お薬を飲んだ後の菌の状態を見る(治療後)

3回目 除菌を行ったうえでの歯石とりなどお口のお掃除を終えた後の状態を見る(メインテナンスが終わり約1年後)

その後3ヶ月ごとの定期検診の際、顕微鏡で菌の状態を見ますが、年に一回は歯周病菌のDNA検査を行うことをお薦めします。

除菌を行った後でも歯周病菌は感染することがあります。
定期的に診断を行うことで、いい状態を保っていきましょう!
そうすることで、いろいろな病気のリスクの軽減に繋がります!

歯周病は全身疾患と
関係している!

歯周病は全身疾患と関係している!

歯周病と全身との関わり

  • 歯周病があると3倍以上の血糖コントロールが悪化します
  • 糖尿病罹患患者の歯周病発生率は1.95倍
  • 心疾患 冠状動脈疾患を持つ患者の発生率は約2倍
  • 骨粗鬆症は歯周炎によって悪化

歯周病菌は血液を介して全身へ・・・

歯周病を治せば病気のリスクが減ります!

歯周病は感染しやすい!?

大切なのは家族ぐるみでの歯周病の予防です!

MRCとは

歯周病菌は人間からペットへとうつります。

もともとわんちゃん・ねこちゃんは歯周病菌をもっていません。
犬臭い・猫臭いなんていわないで…

MRCとは

歯周病菌は大人から赤ちゃん(子供)へとうつります。

もともと赤ちゃんは生まれてきたときは歯周病をもっていません。

Whiteningホワイトニング

新しいホワイトニングを
体験してみませんか?

予防矯正って聞いたことありますか?

今までは…

  • 時間がかかる
  • 料金が高い
  • 人によっては痛みを感じる

当医院の新しいホワイトニングでは、刺激のない新しいホワトニング法を行っております。
また材料を米国より個人輸入することで、破格の料金で提供でき、しかも短時間で行えます。

当医院のホワイトニングで、綺麗で白い歯をお楽しみください。

料金について

5,500円 (1回)
※2回以上行うことをおススメします。
当医院では、1回のみの診察も可能ですので安くすませることができます。

ホワイトニングの流れ

Step01

カウンセリング

Step02

口腔内診査

Step03

クリーニング(歯石除去は含みません)

Step04

写真撮影

Step05

ホワイトニング

Step06

フッ素塗布

MRCとは

施術前

MRCとは

ホワイトニング2回施術後

※効果には個人差があります

ホワイトニングQ&A

ホワイトニングは歯を痛めないのでしょうか?

近年ホワイトニングによって、歯質が強化されう蝕を予防することがわかってきました。

2011年に、昭和大学歯学部の研究により、35%過酸化水素を作用させた歯の方が通常の歯より、エナメル質深層での再石灰化が高まることが判明しました。
また、神奈川歯科大学の研究で、35%過酸化水素を作用させた歯では、作用させない歯より、フッ化物を作用させなくても、唾液中の無機質により安定した再石灰化が起こることが確認されております。


実際にホワイトニングを受けた患者さんの声はどんなものがありますか?

患者さんからは「人前で笑えるようになった」「毎日鏡を見るのが楽しみになった」などの喜びの声を多数いただいております。

ホワイトニングのご予約は、お電話にてお願いします。
※インターネット予約は行っておりません。ご注意下さい。