病巣感染とは

病巣感染を起こす場所 (扁桃、そして上咽頭)

上咽頭は鼻と喉の交差点

                

 体のどこかに慢性的な感染や炎症があると、それ自体はほとんど自覚症状が無くても、遠く離れた腎臓などの臓器に炎症を引き起こしたり、糖尿病や動脈硬化を悪化させる原因となります。

 この現象を病巣感染と言いますが,扁桃、むし歯・歯周病、上咽頭(鼻の奥)が頻度の高い部位です。根本治療を行う上で、この病巣感染は極めて重要です。    

上咽頭は鼻と喉の交差点

上咽頭の位置

 鼻の奥と、喉の境界部分にある空間を上咽頭といいます。両方の鼻の穴から吸い込まれた空気は上咽頭で合流し、下流に向きを変えて肺へと向かいます。 このときに上咽頭の内壁にホコリや菌などの異物が付着します。内壁からは粘液が分泌されて異物を洗い流す働きがありますが、。付着した異物によって炎症がおこることがあります。炎症が起きていても自覚症状はほとんどなく、また、その炎症を見つけることは専門医でも難しいです


堀田修クリニック 堀田 修氏 監修 「口呼吸と病巣感染」より引用

病巣感染の予防について

 病巣感染の予防には、あいうべ体操 や 鼻うがい が効果的です。  

 IgA腎症の根治治療である扁桃パルス療法を発表し日本のIgA腎症診療が激変するきっかけをつくった、堀田 修先生。彼は慢性上咽頭炎がその原病巣だったことに気づき、Bスポット療法なる治療を復活させました。この治療法はとても痛いのが難点です。その代わり、予防効果のあるのがあいうべ体操鼻うがいなのです。

日本病巣疾患研究会 HP
http://jfir.jp/
あいうべ体操と口テープ
鼻うがい